プロフィール

アドバイザープロフィール

有賀 徹

有賀 徹

昭和大学病院 病院長
昭和大学医学部救急医学講座 教授

昭和51年に東京大学医学部医学科を卒業し、脳神経外科学教室に所属しながら、関連する諸施設、日本医科大学附属病院救命救急センター、東京大学医学部附属病院救急部などで勤務した。その後、昭和59年に公立昭和病院に赴任し、脳神経外科主任医長、救急部長、小平市医師会理事など歴任し、平成6年からは昭和大学医学部に転じ現在に至っている。

主たる所属学会は、日本救急医学会、日本臨床救急医学会(これは医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、その他コメディカル、救急救命士などが参集する学術団体)であり、それぞれ代表理事、監事の立場で会務に当たっている。

また、厚生労働省、総務省消防庁に各々組織されている、チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ、ならびに社会全体で共有するトリアージ体系のあり方検討会のそれぞれについて座長をしている。また、日本専門医制評価・認定機構で理事となっていて、その総合医(仮称)に関する検討会における議論に参加している。

以上は、本法人に関連した活動の一端を示している。病院医療には多くの診療科や部署、並びに多職種による協業が組織医療として求められ、地域社会においても急性期から慢性期に至るまで、やはり包括的で有機的な医療の展開が求められている。本法人がそのような考え方を社会に具現化させていく原動力として益々発展できるように協力していきたい。

 

安藤 高朗

医療法人社団永生会 理事長
全日本病院協会 副会長

五十嵐 隆 五十嵐 隆

国立成育医療研究センター 総長・理事長

1978年東京大学医学部医学科卒業。同小児科、遠州総合病院小児科、清瀬小児病院腎内科、Harvard大学Boston小児病院を経て、1992年東京大学医学部附属病院分院小児科講師、2000年より東京大学大学院医学系研究科小児医学講座小児科教授。2003年から2006年および2007年から2011年まで副院長。2011年より2012年まで東京大学教育研究評議員。2012年より国立成育医療研究センター総長・理事長。日本学術会議第二部会員、日本小児科学会会長、東京大学医師会会長、日本小児保健協会理事、日本保育園保健協議会副会長、日本腎臓学会理事、元日本小児腎臓病学会理事長。

尾身 茂 尾身 茂   

独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構 理事長
自治医科大学 客員教授
世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局 名誉事務局長
総合医を育て地域住民の安心を守る会 世話役
内閣府新型インフルエンザ等対策有識者会議 会長

1978年自治医科大学を卒業、伊豆七島を中心に地域医療に従事後1990年WHO西太平洋事務局へ。拡大予防接種課長、感染症対策部長として西太平洋地域の小児麻痺根絶対策などで陣頭指揮。1999年第5代WHO西太平洋地域事務局長に就任、SARSの制圧及び各加盟国の地域医療対策や結核対策等で陣頭指揮。2009年自治医科大学地域医療学センター教授。2012年から現職。RFOは2016年に全国で公的病院を経営する地域医療機能推進機構に改組されることが決まっていますが、新機構は「幅の広い診療能力を持つ“総合医”の養成に積極的に関与し、専門医との協働及び連携強化によりシームレスな地域医療に貢献する。」ことを使命の一つとしており、ジェネラリストの育成にも積極的に関与していく予定です。

兼松 隆之

兼松 隆之

長崎大学 名誉教授
地方独立行政法人長崎市立病院機構 理事長
長崎市立市民病院 院長

1945年7月8日に福岡県に生まれました。1971年3月に長崎大学医学部卒業し、ただちに九州大学第二外科に入局をしました。基礎系大学院課程を修了後、アメリカ合衆国で2年間の留学(病理および外科レジデント)し、1978年に帰国しました。その後、九州大学第2外科で助手、講師、助教授を務めました。

1991年長崎大学第二外科教授に就任し、2011年3月定年により退任しました。(在任19年10カ月)2011年4月より長崎市病院局病院事業管理者に就任し、2011年6月に長崎大学名誉教授の称号を授与されました。2012年4月より組織編成により地方独立行政法人長崎市立病院機構の理事長ならびに長崎市立市民病院院長に就任し、現在に至ります。

神野 正博

神野 正博

全日本病院協会 副会長
七尾市医師会 会長
日本医療法人協会 理事
石川県病院協会 理事

1980年に日本医科大学を卒業後、金沢大学第二外科に入局、1986年に金沢大学大学院(医博)を修了し、浅ノ川総合病院(金沢市)を経て、金沢大学第二外科助手。1992年に恵寿総合病院に外科部長として着任し、1993年に院長、1995年特定医療法人財団董仙会(2008年11月より社会医療法人財団に改称)理事長に就任。

専門は消化器外科。現在、医道審議会医師分科会医師臨床研修部会委員、臨床研修制度の評価に関わるWG委員(厚生労働省)ほか厚生労動省、経済産業省などの要職多数

小泉 俊三

小泉 俊三

財団法人東光会 七条診療所(京都)    所長
佐賀大学 名誉教授

昭和46年、京都大学医学部を卒業し、昭和50年に渡米。Ohio州Youngtown病院で外科系1年目研修、昭和51~55年Connecticut州Bridgeport市St. Vincent’s Medical Center(Yale大学関連教育病院)でGeneral Surgeryのレジデント及びチーフ・レジデントを修了。帰国後、天理よろづ相談所病院腹部一般外科に勤務、研修医教育にも携わった。平成6年、佐賀大学医学部附属病院総合診療部教授に就任し、平成20年から2年間は病院長特別補佐および学長補佐を兼任。平成23年4月から現職。米国外科専門医、米国総合内科学会(SGIM)会員(前J. of General Internal Medicine国際編集委員)、日本プライマリ・ケア連合学会顧問、日本医学教育学会名誉会員、医療の質・安全学会理事(「医療の質・安全学会誌」編集委員長)。

堺 常雄

堺 常雄

聖隷浜松病院 総長
一般社団法人日本病院会    会長

山形県出身。1970年千葉大学医学部卒業後、キャンプ座間の米国陸軍病院でインタ-ン、1971年から8年間米国で脳神経外科研修。1979年から浜松医科大学、1981年から聖隷三方原病院勤務。1992年に聖隷浜松病院に移り1996年院長、2011年10月総長就任、現在に至る。2010年4月より日本病院会会長。

医療にはジェネラリストとスペシャリスト両方が必要であり、その連携・協働が大切と考えている。

田原 卓浩

田原 卓浩

たはらクリニック 院長
山口大学医学部(小児科) 臨床教授
山口県立大学社会福祉部 非常勤講師
山口メディカルコア学院 非常勤講師
日本小児科学会代議員   

高校まで郷里の山口市で過ごし、1年間の浪人を経て東京慈恵会医科大学入学。同大学卒業後、大学病院・国立医療センター(現、国立国際医療センター)、都立母子保健院・国立大蔵病院・国立成育医療センター総合診療部に勤務しました。その間、1987年から1990年米国エール大学人類遺伝学教室(Rosenberg教授)に留学し、当時黎明期であったmolecular biologyを応用した先天性有機酸代謝異常症の研究をおこないました。

2003年5月、山口市に戻り、父とともに祖父が医院を構えていた場所で「たはらクリニック」を開設しました。国立成育医療センター開院までの準備中に海外の小児医療施設の情報を知る機会があった折に、小児科を基軸とした‘家庭医療’‘かかりつけ医機能’に興味を持ち、小児科を示す語句を敢えて使わずに「たはらクリニック」としました。2010年に日本外来小児科学会会長を拝命し、年次集会のテーマ“絆”にProfessional partnershipを添えました。これからもこのspiritでより良い医療サービスの提供できるチームスキルを深化させたいと考えております。

  橋本 廸生

横浜市立大学附属病院 医療安全管理学 教授
日本医療・病院管理学会 理事長

半田 一登

半田 一登

公益社団法人 日本理学療法士協会 会長

1971年九州リハビリテーション大学校卒業し、労働福祉事業団(現・独立行政法人労働者健康福祉機構)九州労災病院に入職する。1987年社団法人日本理学療法士協会理事に就任し、2007年に同会長に就任する。現在で3期目となる。この他、日本リハビリテーション病院・施設協会理事、チーム医療推進協議会代表、厚労省「チーム医療推進会議」委員等も務める。

福井 次矢

福井 次矢

聖路加国際病院 院長
聖路加看護学園 理事長

1976年京都大学医学部卒業し、1984年ハーバード大学School of Public Health修士課程修了する。聖路加国際病院にて内科研修の後、米国St. Luke’s Hospital Centerにて実験心臓病学リサーチアソシエート、Cambridge Hospital内科クリニカルフェロー。帰国後、国立病院医療センター(現:国立国際医療研究センター)循環器科厚生技官、佐賀医科大学総合診療部教授、京都大学医学部附属病院総合診療部教授、京都大学大学院臨床疫学教授を経て現職。京都大学名誉教授、日本学術会議会員。

 

丸山 泉

医療法人社団豊泉会 理事長
日本プライマリ・ケア連合学会 理事長