Medical Studioジェネラリスト・スクール

「コミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ学科」第一期進行中!

0. お知らせ

2014/02/02  第一期生の3回目合宿研修が終了。テーマは組織論と組織変革。
2014/01/20  第二期の日程を公開しました
2013/11/23  第一期生の2回目合宿研修が開催。テーマはビジョンと戦略の構築。
2013/09/22  第一期受講者の皆さんは、こちら(名簿)
2013/09/21  第一期生が受講開始!当日の写真はこちらから。テーマは、ファシリテーションとチーム・ビルディング

1. コミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ学科 開講の主旨

新たな時代の新たなヘルスケアを構想・構築するためには、「突破力」が必要だ、とMedical Studioは考えます。
人口・産業構造が変わり、生活ニーズも多様化・複雑化しています。
それに伴い、ヘルスケアも中長期的な視点にたって再編成されることが期待されています。
Medical Studioは、「ヘルスケア」を生きることへの知恵とその実践のためのシステムと考え、新たなヘルスケア・システムを構想・構築できるリーダー養成を始めます。「ヘルスケア」を、医学的支援による健康管理だけではなく、社会システムとしての健康の保障、また、住民どうしの助け合い、支えあいによる健康の保全を含む概念として扱います。ヘルスケアは、地域の関係機関や住民が、自治の一貫として自ら構想・構築するもの、と考え、それを強調するため、地域性だけではなく、共同性を強調する「コミュニティ」概念と併せて「コミュニティ・ヘルスケア」と呼び、新たなリーダーの養成に取り組むものです。

そのリーダーシップ・スタイルは、父権的なものではなく、地域の底力を引き出し、活かす協調的なものを思い描きます。ヘルスケアを俯瞰し、指揮棒を振ることができる“健康コンダクター”としての機能に注目をして独自に開発 したカリキュラムでは、現状を突破するための発想と手法を実践的に学びます。単体の組織経営のテクニックではなく、地域のヘルスケア・システム全体を動かすためのある種の帝王学を体得します。

10年で1,000人の修了生を養成したい、と考えています。
持続可能な日本のヘルスケアを構想・構築するため、医学的総合性を修得する「プライマリ・ケア学科」、社会的総合性を修得する「コミュニティ・デザイン学科」に先駆けて、開講します。2014年度も第二期募集をする計画です。

※本 カリキュラムの開発には、指導医養成プログラムHANDS-FDFと岡田唯男医師の協力を得ています。

2. コミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ学科の特徴

新しい時代のコミュニティ・ヘルスケア・リーダーに必要な10の要素を抽出し、ヘルスケアの現場にあった実践的で独自の教材を開発し、カリキュラムとして提供します。下記の3つの特徴を兼ね備えます。

1. 独自開発したケースをハーバード・ビジネス・スクール流 「ケース・メソッド」

新しい知を創造する学習方法「ケース・メソッド」を導入し、議論を通して小規模で濃密な新たな学びを提供します。すべて、当学科のために開発されたオリジナル教材。学び会う仲間は、第一線の医療者たち。

2. 期間中に、学びを実践する「マイ・プロジェクト」制度

学んだことを実践する「マイ・プロジェクト」で、自らリーダーシップを発揮する現場を持ちます。毎回、実践の結果を持ち寄り、講師や受講する仲間からのフィードバックを受けることができます。実践で悩んだら講師や仲間が相談にのることも可能。学んだことは、現場で成果を出す仕組み。

3. 宿泊だからできる!スペシャルゲストとの「夜塾」でリーダーシップ哲学を感じ取る

理論や議論以外に、夜のスペシャルゲストと語り合う「夜塾」を宿泊日に設定。初回は、福井大学医学部附属病院の寺澤 秀一さん。ER型救急医の草分けで、ジェネラリスト養成と地域ネットワーク構築に情熱を傾ける哲学を語ります。二回目は、東京女子医大の林 和彦さん。腫瘍外科から、現在、地域の病院や診療所などと連携した緩和ケアのネットワークを構築する突破力を語ります。三回目のゲストは、金沢赤十字病院の西村 元一さんです。

◆10の学習要素と学習の流れ◆

新しいヘルスケアをデザインし、構築できるリーダーが理解・修得しておきたい10の領域(下記)を学ぶ半年間のコースです。

  1. 組織論
  2. ガバナンス
  3. ビジョン構築/デザイン発想
  4. 戦略構築
  5. 地域マネジメント
  6. 組織学習/イノベーション
  7. 組織風土改革
  8. 場のマネジメント
  9. チーム・ワーク
  10. リーダーシップ

学習は、事前学習→集合研修→「マイ・プロジェクト」実践→と繰り返されます。研修と研修の間は、講師や受講者が学び続けるコミュニケーションが発生します。

集合研修では、ファシリテーションやチーム・ワークなど実習方式の学び以外は、ケース・メソッドによる学習方式を採用しています。事前の指定図書の読み込みを前提に、ケースの議論を行い、まとめとして関連理論と参考図書を紹介するレクチャーを予定しています。 

chl_study

3.開講日程および内容

日付

科目

学習形態

9/21

(土)

関係者を同じ舟に乗せるダイアログ・スキル

ケース・メソッドとファシリテーションの技術を体得し、学びの基礎的能力を構築(場のマネジメント)

体験・実習

夜塾1

リーダー哲学を車座徹底討論(福井大学・寺澤秀一さん)

車座トーク

9/22

(日)

機能する多職種チームのつくり方、動かし方

ともに働く仲間との関係構築、役割分担の極意を習得(チーム・ビルディング/チーム・ワーク)

体験・実習

マイ・プロジェクト1

自分が成し遂げたい企画を立案。グループでブラッシュアップ

体験・実習

11/23

(土)

人を動機づけるヘルスケア・ビジョンのつくり方

ビジョン構築の手順や、それを発想・デザインするための視点・視座を学ぶ(ビジョン構築、デザイン発想)

ケース・メソッド

夜塾2

リーダー哲学を車座徹底討論(東京女子医大・林和彦さん)

車座トーク

11/24

(日)

地域のチカラを活かす協創戦略のつくり方

地域資源を特定し、エコシステムを構築する戦略発想と手順を学ぶ(戦略構築、システム思考、地域資源開発)

ケース・メソッド

マイ・プロジェクト2

マイ・プロジェクトを個人ワーク+グループでブラッシュアップ

体験・実習

2/1

(土)

持続可能な組織のつくり方とまわし方

組織のガバナンスからマネジメントまで組織の要点を学ぶ(組織論、ガバナンス、組織行動、行動品質)

ケース・メソッド

夜塾3

リーダー哲学を車座徹底討論(金沢赤十字病院・西村元一さん)

車座トーク

2/2

(日)

変革のための

リーダーシップ

地域生活をささえるヘルスケアをつくるためのリーダーシップとは何か?(リーダーシップ、モチベーション、コンフリクト)

ケース・メソッド

マイ・プロジェクト3

マイ・プロジェクトを個人ワーク+グループでブラッシュアップ

体験・実習

3/8

(土)

成果発表

マイ・プロジェクト半年の進捗成果と、今後の意気込みを発表

 土曜日は、13時半開始、日曜日は、15時30解散です。

  • 研修会場: IID 世田谷ものづくり学校 http://setagaya-school.net/about (東京都世田谷区池尻 2-4-5(東急田園都市線「三軒茶屋駅」徒歩15分)

4. 第一期受講者の皆さん

今立 俊輔(長崎医療センター総合診療科/ながさき地域医療人材支援センター 医師)
宇井 睦人(東京医療センター 総合内科 医師)
佐々木 隆徳(みちのく総合診療医学センター 副センター長)
瀬尾 龍太郎(神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科 副医長)
高橋 春光(中津川市地域総合医療センター/中津川市民病院 総合診療科 部長)
田原 正夫(尼崎医療生協 ナニワ診療所 所長)
玉城 武範((有)くすりのミドリ(沖縄) 薬剤師)
塙 勝博(医療法人涼友会 在宅診療部長/やまと在宅診療所 地域連携室長)
原澤 慶太郎(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 経営企画室/地域医療学講座プログラムディレクター)
譜久山 剛(譜久山病院(兵庫) 院長)
丸山 善治郎(医療法人いばらき会 いばらき診療所みと 院長)
山口 高秀(医療法人おひさま会(兵庫)/一般社団法人LINK 代表理事)
横林 賢一(広島大学病院 総合内科・総合診療科 助教) 計13人

5.第二期のご案内

2014年度は、東京・札幌・福岡の3会場で開講します。詳細は確定し次第、募集要項の形で公開します。東京会場では、第一期のプログラムを拡充・バージョンアップして4泊9日で開講します。札幌・福岡会場では、第一期プログラムを基盤に提供します。東京会場は、20-25万円、札幌・福岡会場は、15-20万円の間で受講料を調整中です。東京・札幌会場は、2月下旬に受講者の募集を開始します。

【東京開催】[会場:世田谷ものづくり学校(予定)]
Day 1&2 7/26-27  ※8/2-3で公表していた日程から変更しました
Day 3&4 9/6-7
Day 5&6 11/29-30
Day 7&8 2015/1/31-2/1
Day 9 3月土曜日PMで調整中

【札幌開催】[会場:芸森スタジオ]
Day 1&2 5/17-18
Day 3&4 7/12-13
Day 5&6 9/20-21
Day 7 10月土曜日PMで調整中

【福岡開催】[会場:冷泉荘]
Day 1&2 10/18-19     ※9/27-28で公表していた日程から変更しました
Day 3&4 11/22-23
Day 5&6 2015/1/17-18
Day 7 2月の土曜日PMで調整中

■お問合せ先

一般社団法人Medical Studio 担当:粕谷(平日10時~19時)
TEL: 03-6407-1071、FAX:03-6407-1072、Email:chl@medical-studio.jp