Home>Medical Studioについて

Medical Studioについて

健康への不安や治りにくい病気と生きる人が増えています。
複数の疾病を抱えている人も増えています。
経済格差や社会的孤立、複雑な人間関係など、生きづらさが起因した健康問題も多くなっています。

だから、いま、マルチに診られる伴走型のプライマリ・ケア医が日本にもっと必要です。さらには、患者の生活背景を理解し、ときに地域にでて、病気の根っこと思われる構造的な課題とも向き合う地域医療のアプローチも必要です。そんなお医者さんがいたら、会ってみたい!と思える人をもっと増やせば、救われる人がかなり増えると考えています。

患者は「私を知る医師」に安心し、患者・家族の生きづらさは少し軽減するのだろうと考えています。健康の不安を減らすことは、「やりたいこと」のつまずきを取り除くことであり、もう少しだけ活力ある生活につながるのではないかとも考えています。

そんなジェネラリストを増やす鍵は、医師向けにいまだ提供されていないソーシャルワーク/コミュニティ・デザイン教育です。問題意識をもち、地域のなかで活躍する医師たちは、試行錯誤を繰り返しています。総合診療専門医の時代でも、生活課題を理解したり、それに介入するための知識や技術を教える場所は限られています。

Medical Studioは、全国各地でジェネラリストを志向する医師を教育で応援するため、構想2年、300人以上の医療者との対話を経て、2012年春に法人を設立しました。

設立から数年は、ジェネラリストという存在意義とそれが増えるための方策を考えるセミナーやイベント、ネット番組の配信を活動の中心にすえ、イベントでは1,700人近く、ネット番組では10,000視聴数をこえる方とつながってきました。
2013年からは、「ジェネラリスト・スクール」の構想のもと、教育事業を開始。コミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ(CHL)学科を実験的に開講し、これまでに6年間で240人の医療・介護専門職が修了しています。

そして2019年度、いよいよ「ジェネラリスト・スクール」通称、g-schoolは、全面的に開校しました。ジェネラル志向の医療者が不足する知識や技術を学びあうコミュニティです。

中山間地やへき地、離島にいても学ぶ機会が得られるよう、また、忙しい外来の合間でも気軽に学べるよう、スマートフォーンを利用した短時間学習ツールを基盤に展開します。生活や地域は、流動的で複雑です。それを理解し、介入する視点と発想も多岐にわたります。話題提供型のコンテンツをみて、語り合い、時にユーザーが主導してコンテンツを生成する、他にないラーニング・コミュニティを目指しています。

医師によって立ち上がった団体ですが、医師以外の医療専門職や、保健・福祉・介護に関わる皆さんとともに、活動を設計し、拡げていきたいと考えています。ほしい未来は、待っていては来ません。みんなでそれを議論しながら描き、実現するべく、それぞれの立場でできることを着実に前進させていきたい、と考えます。保健・医療・福祉の垣根をこえて、住民や生活者が健康管理を自らのこととして捉え、みんなが連携して健やかに暮らせるよう、医療者は、いま、新たなうねりをつくる時期にさしかかっています。

ぜひ、この学びあいの場に参加してください。議論できることを楽しみにしています。

未来を変える
ジェネラリストとともに

Medical Studio代表理事
野崎英夫

Medical Studioについて

団体概要

名称 一般社団法人Medical Studio
設立年月日 2012年4月13日
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-3 BPビルAnnex 208
連絡先 TEL:03-6457-7967
FAX:03-6457-7968
E-mail:info#medical-studio.jp(#を@に変えて送信してください。)
役員構成 代表理事
野崎 英夫(写真家・小児科医、創業者)

理事
秋山 正子(白十字訪問看護ステーション統括所長、暮らしの保健室室長、NPO法人maggie’s tokyo代表理事)
熊坂 義裕(熊坂内科医院院長、一般社団法人社会的包摂サポートセンター代表理事)
坂本 文武(社会情報大学院大学准教授)※事務局長
志水 太郎(獨協医科大学総合診療医学主任教授)
孫 大輔(東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター 講師)
徳田 安春(群星沖縄臨床研修センター長)
藤沼 康樹(医療福祉生協連家庭医療学開発センター長)

監事
寺内 正幸(大幸税理士法人、税理士)