Home>CD学科>教材配信:コミュニティ・デザイン論05 専門職のコミュニティ・リレーションズ

教材配信:コミュニティ・デザイン論05 専門職のコミュニティ・リレーションズ

投稿日:2019/11/08CD学科

コンテンツ名称

コミュニティ・デザイン論05
「専門職のコミュニティ・リレーションズ-対談(党 一浩+榎本 雄介)」

学びのキーワード

専門職は、医療や介護施設は、どこまで、なぜ地域に関わる必要があるのか、を考える対談映像です。

小規模多機能施設めおといわ「ゆい」施設長(医療法人社団 誠仁会)党 一浩さんは、小規模多機能施設の運営者で、地域と融合する施設のあり方を模索し続けている介護業界のオピニオンリーダーの一人です。大手ディーラーでメカニックとして勤務後、介護の世界に転身。介護老人保健施設、認知症グループホーム、居宅介護支援事業所を経て、地域支え合う社会に必要性を感じ、現事業に関わります。

榎本 雄介さんは、大貫診療所の院長で外科・内科医です。宮崎市に生まれ。外科専門医を取得後、2009年に医師不足に悩む妻の出身地延岡市にて「大貫診療所」を開業。診療所で居酒屋や市を開いたり、一住民として日本最大の盆踊りの実行委員をしてみたり、地域活動に熱心な方です。

地域共生社会の時代、専門職が地域にかかわる範囲と程度が広がっているなか、お二人とともにその必要をどう位置付け、どんな心がけで何をすればいいのか?映像をぜひご覧ください。