Home>CD学科>教材配信:コミュニティ・デザイン論08 テクノロジーの受容と可能性

教材配信:コミュニティ・デザイン論08 テクノロジーの受容と可能性

投稿日:2019/12/23CD学科

コンテンツ名称

コミュニティ・デザイン論08
「テクノロジーの受容と可能性―対談(島影 圭佑+成澤 俊輔)」

学びのキーワード

視覚障がい者のための文字を読み上げてくれるメガネを開発するOTON GLASS、島影 圭佑さんと成澤 俊輔さんを招いてのセッションをお届けします。医療というテクノロジーと医療者という技術者が、“自立”した生活にどの程度、どのように関与できるのか、の議論につながるものと期待して企画したものです。

Medical Studioの合宿研修「CHL学科」の公開マイプロプレゼンテーションに合わせて開催しました。