Home>CHL学科>よくある質問と答え

よくある質問と答え

「費用が高くて受講できない!」「マイプロがぼんやりしていてもいいのか?」
よくある質問にお答えします

Q:興味があるが、まだ自分には早いのではないか。自信がない。

A:「マイプロこれから始めます」という方は受講メンバーの7割です。「地域」との接点をすでに持った状態で参加する人はおよそ4割です。何より、この研修は、知識や経験に関わらず、多様なメンバーの力を引き出し、互いに高めあう学習メソッド「協同学習」を採用していますから、他のメンバーへの引け目や「後発」組の自覚は不要です。「言語化できないけど、この研修が気になる」というなら、背中を押してもらう機会を探しているということ。ぜひ挑戦してください。

Q:マイプロがぼんやりしていて、応募できる気がしない。

A:受講しながら磨き上げることを前提にしていますので、出発点になるマイプロは「もどき」で十分です。その問題意識をいつ何を契機に抱き始めたのか、くらい振り替えれれば、それはマイプロの基盤づくりの第一歩。マイプロの規模の大小、時間軸の長短は問いません。院内のプロジェクトでも、もちろん結構です。学びを活かす実践、学びを深める実践をもつためのマイプロでもありますから、気軽に設定してください。なお、受講当初の構想から、みんな徐々に変わるものです。せっかく取り組むマイプロだからって、皆さん半年一年では完結しない少し長めの時間軸で設定しています。

Q:今年は忙しい!来年こそは、と思っています。

A:尊重します!けど、知っておいてください。CHLの効果は「にじみ出ます」。今日明日に役に立つ技術、というより、周囲を見回し洞察する力、複雑で見通しが立たない中でも前進する力を養うのがCHL。それが役に立った!と実感できるのは、「卒業後2, 3年後」と多くの修了生が言います。だからこそ、早めに受講してください。

Q:事前・事後学習が大変そうです。どの程度の時間を確保できればいいの?

A:事前学習は、合宿で扱うテーマの基礎理解を深め、学びの準備を深める個人作業です。合宿1カ月前に課題を出します。Dayごとに1冊計2冊の本をざっと読むこと、ケース教材をガッツリ読んで設問に回答すること、そして、マイプロの進捗レポートを提出することが、事前学習です。事後は、任意です。合宿での議論を振り返り整理すること、ケース教材にもう一度解答してみること、本を数冊読む人、マイプロを進捗させること。個人学習をするほどに学びは深まりますし、その学びを共有することで、さらにあなたと仲間の学びは豊かになります。せっかく受講するなら、その期間中に自分をほんの少しだけ追い込むことをお勧めします。違和感と制約は、あなたを成長させてくれる、と信じています。

Q:日程が合わないから、また来年!

A:全国5都市で同時開講するから、振替受講の選択肢は幅広です。同じ科目であれば、追加費用ナシで振り替えて受講できます。現地までの交通費は多少負担が増えますが、新しい仲間に出会い、その後も、Facebookグループでつながれること、自分の本籍校での議論との比較をあとでできて、さらに多様な視点を取り込む可能性があることを考えると、むしろ振替受講はお勧めです。振替受講は、受講途中でも決めていただけます。まずは応募してみてください。

Q:ソロプラクティスで週末休みにくい。。。

A:過去の医師受講生のうち、開業医は2~3割います。ある医師は、この研修を機に、「研修を理由に休診する」覚悟を決めた、といいます。患者にも研修の内容まで伝えるほか、地元の他の医療機関とこれを機につながり、何かの際のバックアップをお願いする関係構築につなげた、とのこと。替わりの聞きにくい業界と理解していますが、忙しいからこそ、受講を機に新しい診療スタイルや他機関との関係構築の機会にしてみてはいかがでしょうか。

Q:臨床経験5年以上を受講対象者にしています。それ未満だとダメですか?

A:過去の修了生にも臨床経験5年未満の若手が数人おられました。臨床経験が浅いことだけで拒絶することはありません。まずはご応募ください。臨床経験が豊富でないからこその視点や発想もあるはずで、躊躇なく参加し、議論に貢献してください。もし受講中についていけない感が強まることがあれば、個別に相談にのります。ちなみに、受講者の年齢は把握していませんが、多いのは30代後半から40代前半です。

Q:費用が高くて、手が出ません。。。どうしてこの価格設定ですか?

A:確かに企業協賛型のセミナーに比べて高く感じるかも知れません。しかし、企業協賛をとらず、この価格でも学ぶ意義を感じる受講生が増えていくことが、社会を変えるチカラになると考えています。また、地域福祉やコミュニティ・デザインなど、医療の周辺領域からのノウハウを統合し、体系的に提供するため、教材開発や講師の品質管理に見えない手間をかけていることにご理解いただければ幸いです。併せて、受講料の1/3程度は、1泊3食(懇親会費用込み)×合宿回数分の実費が含まれていることをご理解ください。実費部分と受講料部分の内訳を提出し、わけて請求することは可能です。また、分割の支払いも受け付けています。なお、事前課題図書として研修前に一読いただく本は、新品を購入する場合、Day 1~6の合計6冊でおよそ1万円です(中古や図書館利用で対応してきた修了生も結構いますよ)。ちなみに、半数程度の受講生が、所属機関から全額もしくは一部の補助を受けて受講しています。

Q:講師はどのような人が務めるのでしょうか?講師名が公表されていません。

A:私たちは、“偉い”先生からの講義を拝聴するスタイルではなく、同じ悩みを抱え、挑戦している受講生の知恵やお互いの指摘・示唆のほうに、実践的価値が高いと考えています。その中で、講師は学習ファシリテーターとして、考える問いを投げる役割を担います。地域活動を実践する医師や、CHLの修了生、地域福祉や保健・公衆衛生の専門家やコミュニティ・デザイナーなど、地域を多面的に捉えるための「問い」を立てる講師が揃っています。全ての講師が、CHL独自の講師養成講座を受講し、事前の準備を周到にしています。

Q:実践が一番の教育機会と思い、自分は地域に入り、活動しています。CHLで何を今から学べるのでしょうか?

A:実践から得られることは多くありますよね。ただ、いま「うまくいって」いても、複雑で不確実な地域においては、常に別の目線と発想を蓄えておくことが必要でしょう。いまやっていることを客観視し、次のステップを複数検討する好機としてご検討ください。私たちの基礎理論は、地域福祉/コミュニティワークと社会教育です。住民の力を引き出し、高めるための働きかけは、これまでの医学教育や医療MBAではほとんど見られないアプローチです。

Q:夜塾は、どのような場ですか?単なる会食ですか?

A:日中の議論から少し離れて、哲学としてのリーダーシップを感じ取る親密な夕食会です。スペシャル・ゲストは、多くの困難を乗り越えてきた先輩リーダーたちです。困難に直面したときの対処法や覚悟、失敗談から、プライベートなことまで、タブーなく聞き込み、語り合う場です。リーダーとして何に留意しているのか、困難に直面したとき、どのような考え方でそれらを乗り越えてきたのか、普段は聞けない話を突っ込んで聞くことができます。

Q:近くに住むものでも、泊まらないといけないのでしょうか?

A:ご家庭のご事情等のある方は、どうぞ申し出て下さい。日中は講師をファシリテーターとした議論を、夜は夕食をとりながら先輩リーダーとの語り合いを、そして、二次会で受講生どうし、ざっくばらんな交流をすることで、多層的な濃密なつながりを形成することを目的に、合宿形式を採用しています。夜塾終了後に帰宅する必要がある方の参加も、歓迎しています。ただし、受講料に含まれている宿泊費等の実費部分のみ返金することはできません。予めご了承ください。