Home>g-schoolに入学する>アプリの使い方

アプリの使い方

g-schoolモバイルは、モバイルラーニング専用のアプリケーション「goocus(グーカス)」を使用しています。ここでは、基本的な使い方をご案内します。詳細は、goocusが提供するヘルプページ(https://help.gooc.us/hc/ja)をご参照いただくか、パソコンの問い合わせフォームを利用してご連絡ください。

ホーム画面

ホーム画面

新しいコンテンツの配信など事務局からの通知は、左上の数字部分に表示されます。アプリを起動しなくても、通知の件数がアプリアイコンに表記されますので、気づいたら通知の内容を確認してみてください。主に新しいコンテンツの配信や、受講メンバーのzoomディスカッションのご案内やリマインドを予定しています。
また、この「ホーム」画面には、あなたや他の受講メンバーがつけたコメントやお気に入りがタイムラインの形式で随時掲載されます。

学習するには

学習するには

画面下部の中央にある「学習する」ボタンで、コンテンツを探してください。「コース一覧へ」は、すべてのコースを一覧するページへあなたをお連れします。「続きから始める」は、あなたが最後に視聴していたコンテンツカードへジャンプします。急に呼ばれて視聴が途中になっても、最後に観ていたコンテンツカードから学びを再開できます。

学びを「カード管理」する考え方

学びを「カード管理」する考え方

g-schoolの最大の特徴は、「カード」管理の概念です。スマホの縦画面を1枚のカードと見立て、カード1枚に3分で1気づき程度に学びをシンプルにすることで、SNSで他者の情報から学ぶのと同じように、気軽に学びを継続できる、との考えに基づきます。
コースをクリックすると、その下に複数のカードを持つ学びのテーマが表出します。折りたたまれているテーマを開けば、カードが一覧できます。

カードをいじる

カードをいじる

気になったカードには、「お気に入り」マークができます。「お気に入り」は、「マイページ」に一覧されますので、後で見る、また見るかもしれない、と思えたら、右上の☆マークをタップしておきましょう。
次のカードに行くには「次へ」をタップするか、カードごと上にスワイプしてください。このカードに思うところがあれば、感想や意見、問題提起を、「次へ」のさらに下にある「コメントする」に書き込んでみましょう。見て納得するためだけのコンテンツではありません。視点を多様にするためのたたき台としてコンテンツをきっかけに議論しましょう。

マイページで履修管理を

マイページで履修管理を

右下にでてくる「マイページ」では、主に履修管理をします。バッジシステムは、学習の進み具合により「バッジ」が掲出します。「バッジ」を集めた、「ポイント」を集めたからといって、特に何もありません(すみません!)が、学びの進捗の目安に楽しんでください。「お気に入り」を付けたカードは、「★」印に集約されています。

設定で「通知」とプロフィールをコントロールする

設定で「通知」とプロフィールをコントロールする

「マイページ」の右上に設定ボタンがでてきます。まず、できるだけプロフィール写真は掲示してください。心地よい範囲で結構ですよ。けど、顔がみえたほうが少しだけ議論しやすくなります。名前の上にでてくるカメラボタンをタップすれば、その場で撮影するか、アルバム(カメラロール)から利用するか選択できます。
「通知」はできる限りONにしてみてください。学習のペースづくりや、他の受講メンバーとの議論に役立つはずです。

その他、詳しい使い方は、goocusが提供するヘルプページ(https://help.gooc.us/hc/ja)をご参照いただくか、このサイトの「問い合わせ」フォームからおたずねください。ここにご案内していないけど、よく聞かれる質問は、随時更新していきます。